Top >  お役立ち >  不況のあおりのお引越し

不況のあおりのお引越し

実家を売りに出し一家ちりじりにお引越し。5人家族がそれぞれ別の借家で自立のスタート。

これで困ったことが荷物の多さ。
30年近く住んだ家には余計な荷物と、捨てるに捨てられない思い入れの強いものも多くあり。不用品を選抜するのには体力的にも精神的にもなかなかしんどい作業となりました。

引っ越し先も1LDKと荷物がそんなに入る家ではないので
家具類はほとんど処分。ベット・机・テーブル・など大きなものも多くありました。
引越し屋さんの不用品回収は見積もりを出してもらったところ高い・・・。
しょうがなく、インターネットで不用品回収の業者を検索し始めました。
最近は便利なサイトも多く。業者の見積もりを一括検索できるサイトなどは分かりやすく良かったです。
適正と感じられる料金と口コミにリアリティーのある会社から選びました。
その他、区の粗大ごみ収集と併用して不用品処分を行いました。
民間の業者はスムーズに事が運び良かったのですが、
問題は区の粗大ごみ業者です。
大きなテーブルの処分に来たのは年配の男性。
結局はまかせっきりとも行かず、おかげで翌日は筋肉痛です。予約もなかなかつながらないし効率の悪さは否めませんでした。
色々泣く泣くすてましたが、結果すっきりしたというのが正直なところでした。
不用品の処分には苦労しましたが心機一転出来ました。

引越し業者への引越し予約や見積もりは1社ずつだと大変なものです。
一括で見積もれる業者は複数ありますが、90社をわずかな入力項目で探せる
「引越し価格ガイド」がオススメです。

「引越し価格ガイド」
http://a-hikkoshi.com/

リサイクルなどの不用品の買取なら
リサイクルショップ一括買取の「RETOWN」がオススメ。

「RETOWN」
http://www.retown.jp/

お役立ち


関連エントリー

キッチンのテーブル 単身引越しが10年以上に及んでいる建築関係の人 引越し後厄介な整理二件 不況のあおりのお引越し というかいらなくなったものは、物干し台です 結婚を機に引っ越し 荷物を段ボールに詰める作業 10回以上の引っ越しを経験